「市井はパニック商法でやんごとないので、Fukushima 50」

  • 2020.03.26 Thursday
  • -
  • 10:14

今年に入ってから武漢で発生したチャイナウイルスのせいで、 マスコミの待ってましたと言わんばかりの猛烈な煽り先導が鳴り止まない。 全然パンデミックの域に達してないのに、 なんだかよく分からないIT(イット)にはこれだけ脆弱さを露呈するんだなと、 改めて集団ヒステリーの愚かさを垣間見てしまう。 一世紀前のスペイン風邪や、昨今のインフルエンザと比較しても可愛いもんなんですけどねえ。 チャイナマネーで首根っこ押さえられてるWHOのベタな喜劇も、もう完全に滑ってる状態やな。 来月初頭にゲーム版バイオハザードの最新作をプレイする予定だが、 現在のチャイナ大陸のど真ん中でゲーム内で登場する薬品会社のような動きがあると思うと、 なにやら臨場感もマシマシですな。(ちょっと不謹慎) やがて発生原因が明らかになった折には、それを模した映画や小説やゲームが沢山できるでしょうね。 しかしながら肺を攻撃してくる人工物なら尚気味が悪いので、 拡散力はそれほどでないにしろ用心に越したことはありません。 ただ、緑のタヌキ都知事さんが得意の横文字バンバン使って、 人気の巻き返しに躍起になっているのには困ったもんです。 9年前にも大地震でてんやわんやの大騒ぎになったが、 その時も下衆なマスコミ報道で風評被害地域に断定となってしまった福島県。 津波に襲われた後のメルトダウン寸前の原発で、 命がけで事に当たった技術者たちのリアルを捉えたのが、映画「Fukushima50」 その時期は政権が素っ頓狂すぎてより大変だったのも記憶に新しい。 ただ旧民主党を中産階級が選択した時点で、かなりのアウトだったんですけどね。 最悪極悪劣悪と3代続いた旧民主党政権の、 極悪首相の時期に重なった悲喜劇もこの映画はちゃんと真正面から描いている。 若干の演出過多や、ラストあたりのギブキーチョコレートはいらんかったけど、ほぼほぼ良作だった。 当時何が現場で起こったのかが、しっかりとドキュメントテイストで紡がれている。 チェルノブイリは人為的操作ミスでの爆発で完全にアウト。 福島原発は天災の揺さぶりに対しての、現場操作+アルファでの回避。 この神とミジンコほども違う着地を、淡々と粛々と理解できる。 何となく知っていたつもりでも、マスコミの原発=国家、国家=悪という稚拙な印象操作がかかってない分、 一見して改めて整理する価値が十分に備わっている一本だ。 チャイナウイルス進行中でも映画館はまあまあ埋まっていたので、その関心の高さも伺える。 情報リテラシーとNOバイアスってのは中々難しいのだが、 ちょっと引いて一呼吸ぐらいでちょうど良いのかもしれませんな。

「今年もよろしくお願いいたします」

  • 2020.01.06 Monday
  • -
  • 12:22
2020

「後半戦はあっという間」

  • 2019.12.18 Wednesday
  • -
  • 14:45
まさにこの一言。なにかと目まぐるしかったのう....もう師走。 そんな折、先日JKど真ん中の娘に「ねえジョーカー見に行こうよ」....よしとばかりに近所のレイトショーへ....ところがどうも個人的にホアキン.フェニックスが今ひとつなのと、 それでも今年後半NO.1になるだろう憶測がバイアスを生じさせ、 気持ちが平坦として全然振れんかった。。結果、世界中の盛り上がりほどには至らずに残念。 今度ちゃんと自宅で鑑賞してみましょう。やはり今年はゴリゴリに研ぎ澄まされた、それでいて超絶ブラックなシリアルキラー映画「ハウス.ジャック.ビルト」がインパクト大でしたな。2度ほど鑑賞したのだが、1度めは絶望的なグロさに目を背けながら時折笑い、2度めは鬼才ラース..フォン.トリアーの独特な美的センスにただひたすらに酔った。人によっては評価の真っ二つに分かれであろう、リトマス試験紙的な映画である。基本アッパーなブラックコメディです。 次にカミさんが「キッス見に行こう」....いやいやこないだ見たやないかと思いつつも、 今回が本当にラスト公演になりそうなのでドームまで。60後半とは思えないパフォーマンスとワンパッケージはもはや形式美? どうでもいいがヨシキも出てきたど。今年の紅白にもこのユニットは出るらしい。 59キッス次に、落ち着いてゲームでもしようと大作「デス.ストランディング」を始める。 まずインタラクティブゲームとしては豪華な俳優陣に驚く。 「デンマークの至宝」にして世界のマッツ.ミケルセン、「ウォーキングデッド」のノーマン.リーダス、 「ドライブ」や「オンリーゴッド」などの監督ニコラス.ウィンディング.レフン、 「パシフィック.リム」などの監督ギレルモ.デル.トロ、なぜか往年のTV女優リンゼイ.ワグナー、 新ボンドガールのレア.セドゥなどなど。物語シーンの部分でだけで軽く普通の映画一本分というボリューム。 総合監督の小島センセの話は相も変わらずクドイのだが、 ゲーム内容としては壊れた世界を繋ぐために、主人公が頼まれた荷物をひらすら配達するという極めてシンプルなもの。 なので最初は引くほど退屈なのだが、だんだんとそのうちに何やらハマっていってしまうというゲーム。 どうしても賛否が割れやすいゲーム内容だが、新しい表現アプローチであるのは間違い無いでしょう。 DS

「肩透かしのままで良かったかも....」

  • 2019.08.05 Monday
  • -
  • 12:41
日照不足から、打って変わっての猛烈ロケ。 前日まで時計やカラス細工など技量系撮影を篭ってやっていた為、 ガンガン日照りのガテン系撮影に否応無しにハイテンションとなる。 信号待ちで、ふと車の気温計に目をやるとこの有様。幻覚か? 58

「あえて、暑中お見舞い申し上げます。」

  • 2019.07.18 Thursday
  • -
  • 13:28

とある新聞の社説によると記録的な日照不足と梅雨寒のせいで、 海やプールは人影まばらながら、コインランドリーは大盛況らしいです。 数ヶ月前から今年はこの写真で暑中見舞い送ろうと思っていたので、 パロディ要素に更にタイムリーさも加わった訳ですが、 やっぱり太陽が拝めないと何かと社会全体が不穏になってくるのも否めない。 あれだけ溶け出しそうだったここ数年の猛暑も、 なきゃあないで肩透かしで寂しいもの。 勿論、ちょうど良い塩梅が何よりなのですが。 57

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Entries
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode