<< 「夏休日」 | main | 「2019 謹賀新年」 >>

「御多分に洩れず」

  • 2018.09.26 Wednesday
  • -
  • 10:36
遅ればせながら、この夏あたりに何かと騒ついていた「カメラを止めるな!」を観に豊洲まで。 新宿とかの単館だったり、ミニシアターだったりの上映だったので、なかなか行けずじまいでいた。 後予告編での、正直クオリティーの低い画や芝居に、低予算の内輪ノリを感じて引き気味だったのもある。 ところが事務所近くの豊洲で、夜に一度だけ回しているのを知りすぐに車を走らせる。 最初に感想.....めっちゃおもろい!そして楽しい!後味の絆的サクリファイスもよう効いとる!..... 情報としては、低予算のゾンビ映画を、とある施設を借りて撮影していたら本物のゾンビが現れる、いざ! と、これくらいだったので、比較的にそれほど期待なしの状態だったのも良かった。 冒頭から37分の怒涛のワンカット、そこに至るまで内訳的な後半戦、そしてラストからのエンドロール、 『一粒で二度美味しい』なんてコピーが昔あったが、この映画は『一粒で二度半美味しい』と言えよう。 劇中「ん?」と引っかかる不自然さも、伏線として最後に全て回収してしまう見事さもある。 もちろんゾンビ物なので、血のりべったりシーンも連続するが、基本的にはファミリーで観れるように仕上がっている。 最初は肩をすぼめていたのだが、気がつけば口角が上がって笑っている.....そんな不思議に熱い映画である。 なので、「カメラを止めるな!」熱にやられてしまった観客が続出したのも、全くもって頷けた。 熱度はやっぱり周囲を揺さぶるんですなあ。元気もらって合わせ技で一本! 55 (レンタル出たら即借りるな。低予算ゆえの荒さも愛嬌です。)
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Entries
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode